OHC

残業代の支払いを    (9月20日赤旗より)   

京都・三菱電機労働者労基署に要請

三菱電機京都製作所(長岡京市)が労働者に対し、終業後15分から30分間義務付けられてきた

火の元や施錠などを行う「火気当番」の労働者に百円しか支払っていないのは違法であり、経営側が

残業代として支払うよう指導せよと19日労働者の江口良明さん(58)らが、労働喜寿雲監督署に

申し入れました。江口さんによると、「火気当番」は輪番制で、該当日には午後5時10分の終了から

30分間拘束されて作業に従事し、午後5時40分にならないと退勤できません。残業になった場合は

残業終了時から15分間の拘束ですが、いずれの場合にも何十年もの慣行で手当ての百円しか支給

されません。江口さんは7月の連合傘下の労働組合に経営側に改善を迫るように求めましたが、経営・

労働側の返事に納得できず日本共産党の石村かず子・衆院京都3区候補らに相談。

先月、京都下労働基監督署の申し入れたところ労基署は同製作所を調査し、終業後の拘束は

労働時間のあたると指摘し、改善するように指導。来週には企業側に行政指導の文書を交付します。

申し入れには石村候補が同席しました。