山行の装備について(泊りの山行に参加される方へ)

登山には様々な道具が必要で、「よくわからん!」と
思われる方もいらっしゃるでしょう。
宿泊山行で必要な主な装備について簡単に解説しました。
参考にしてみてください。

値段も種類も様々で、選ぶのには非常に迷うかもしれませんが、
概して値段の高いモノは
「軽量・快適・耐久性高」といえるでしょう。
一度買ってしまえば長く使えるモノばかりですので、
高いモノを買っても後悔することは無いと思います。
安いモノだと山に登れないわけでは決してありませんので、
予算に合わせて選んでください。


<宿泊に必要な装備>

寝袋(シュラフ・あるいはスリーピングバッグ、と呼ぶ)

夏でも深夜〜早朝は気温が低くなるため、寝袋は必ず必要です。
山用品店などで最低でも「3シーズン用」と表記されているものを 選ぶとよいでしょう。
(\7,000〜\30,000程度)
羽毛(ダウン)のものが軽くて暖かいのでお勧めですが、
かさばる、重い、といったことを我慢できるのであれば、
化繊綿のものでもよいと思います(特に梅雨の時期)。
また、シュラフカバー(寝袋にかぶせる防水カバー)があると なお安心です。
(\6,000〜\20,000程度)

★★★★★★★★★★★★

シュラフマット

Big Agnes REM Self-Inflating Pad - Long - DEEP BLUE

寝る際、テントの床に直接横たわると、体温は地面からどんどん奪われていきます。
いわゆる「銀マット」と呼ばれるものを共同装備で持っていきますが、
各自で寝袋の下に敷くマットを更に持ってくる必要があります。
(快眠できないと翌日の行程に大きく影響します。 廉価なものでもよいので、
初心者の方は、 持ってこられることを強くお勧めします)
(\2,000〜\15,000程度)

★★★★★★★★★★★★

食器

食事は通常自炊します。
鍋などは山岳部の備品を用意しますが、各自の食器はお持ち下さい。
日常お使いになっている食器類でもいいのですが、
一般的には アルミ等でできた軽い”コッヘル”と呼ばれる食器セットと
カトラリー(スプーン&フォーク)を持ってくる人が多いです。
(併せて\2,000〜\5,000程度)

Snow Peak Titanium 3-Piece Cookset - Evernew Titanium Spoon and Fork Set -


<その他、日帰り、泊まりに関わらず「必ず」必要なもの>

ザック

宿泊山行では、最低でも40リットル程度の容量をもったザックを
準備するといいでしょう。ただし、
今後(アルプスなど)もうちょっと長い山行にも挑戦してみたい、
と思われているならば、迷わず「自分が背負える最大のサイズ」
のザックを買うことをお勧めします。(大は小を兼ねる...)
必ずお店で背負ってみてください。
(\15,000〜\50,000程度)

Arc'Teryx Bora 50 Pack - SANGRIA

★★★★★★★★★★★★

雨具

折りたたみ傘ではなく、必ず上下セパレート型の雨具を用意してください。
(\7,000〜\30,000程度)
 初めて購入される方は「ゴアテックス」の雨具をお勧めいたします。

★★★★★★★★★★★★

地図

山行時に一番大切なのは、「自分が歩くコースを分かっている」ことです。
幹事について行けばよい、という安易な考えではなく、
各自出発前に自分の地図で必ずルートを予習してください。
休憩時間などにも、自分の居場所を常に地図で確認することが大切です。
コンパス(\1,000〜2,000程度)も一緒に買うといいでしょう。
地図は、以下の2種類から選べばいいと思います。
どちらも大きな書店には置いてあるはずです。

○昭文社「山と高原地図」(\800程度)
一番ポピュラーな登山地図です。初心者の方はこちらがよいでしょう。
注)写真は「富士山」のものです。

○国土地理院発行 1/25,000地形図「大菩薩峠」(\300程度)
ある程度地図読みの出来る方は、こちらがよろしいかと思います。
http://www.gsi.go.jp/MAP/HISTORY/5-25/index5-25.html

※Web上で閲覧できるものもあります。(大菩薩峠)
http://watchizu.gsi.go.jp/watchizu.aspx?id=53384600
これをうまく利用してもよいかもしれません。

★★★★★★★★★★★★

ヘッドライト

登山用品店に置いてあるものでしたらどれでも大丈夫だと思います。
 (\1,500〜\10,000程度)
予備の電池・電球も忘れずに。

Black Diamond Polarstar Headlamp -

★★★★★★★★★★★★

トレッキングシューズ

Montrail Traverse Gore-Tex Hiking Boots - Men's - EARTH

こればかりは他人に借りるわけにはいきません。
普通のスニーカーで登るのも危険です。
持っていない方は、登山用品店に行って
「2,000〜3,000mぐらいの夏山に行くんだけど」 と言えば、
適当なのを選んでくれるはずです。
(\15,000〜\40,000程度)

★★★★★★★★★★★★

その他、速乾性のある下着など

REI Mesh MTS Crew - Men's - BLACK

これは登山用品店にも多数置いてありますが、
UNIQLOなどを探すと手頃なものが見つかるかもしれません。
とにかく、「コットン」の下着は避けてください。
今回は雨で濡れることが予想されますので危険ですらあります。


<参考資料など>

登山用品店

ICI石井スポーツ
[新宿・新大久保ほか]
http://www.ici-sports.com/
山岳部でよく利用する店です。ポイントカードを作ると5%引き?

さかいや
[水道橋]
http://www.sakaiya.com/
Web通販が充実しています。

モンベル
[恵比寿・渋谷ほか]
http://www.montbell.com/japanese/shop/index.html
雨具や寝袋は品質の良いものが比較的リーズナブルです。
恵比寿にはアウトレットも。

★★★★★★★★★★★★

書籍

今、本屋に並んでいる「ヤマケイJoy夏号」は
ビギナー向けに様々な情報が掲載されています。
購入・立ち読みされるとよいと思います。
http://www.yamakei.co.jp/prev.php?id=11169

★★★★★★★★★★★★

Webサイト

女性の方は、下記のWebSiteもご参照ください。
装備や心得について、親切に書いてあります。
女性のための登山学校
http://gifu.view-japan.gr.jp/tozan/