太田母斑(青アザ)のルビーレーザー治療


 太田母斑などの青アザは色素が真皮という皮膚の非常に深い部分に存在する為、最近まで有効な治療法がありませんでした。しかしQスイッチルビーレーザーという特殊なルビーレーザーが開発され治療が可能となってきました。ルビーレーザー光線は、正常皮膚や血管にはほとんど吸収されず、メラニン色素などによく吸収される性質があります。この性質を利用して太田母斑の原因となっている真皮メラノサイトを破壊し治療します。
治療前

 ⇒ 

治療後